Analisis Makna Partikel “Ni” Dalam Cerita “Momotaro” Karya Tsubota Jouji 坪田譲治が書いた桃太郎話における格助詞「に」の意味分析

Kenneth Kenneth Yasuhiro Keynes Panelewen

Download full text
(Bahasa Indonesia, 20 pages)

Abstract

要旨 現在日本語文法の格助詞「に」に関する研究が多くなったが、日本語の子供の話に関する「桃太郎」における格助詞「に」の意味分析の研究はまだなされたことないようである。そこで、本稿は坪田譲治様がお書きなった「桃太郎」と言う子供のお話家族における格助詞「に」の意味および使い分けを明らかにすることを目的とする。 本研究のデータの集める方法は日本語の教科書に載せている例文を集めたり、「桃太郎」と言う話の文書の格助詞「に」の例文を集め、次に日本語言語学者の理論に基づいて分析する。最後に、レポートを書く際に記述的の理論に基づいて書くことにする。 分析の際、以下の結果を見つけた。「桃太郎」の文書にある格助詞「に」意味や使い分けはまず、在り場所を表す、行く先を表す、物の授受行(じゅじゅおこな)う相手を表す、動作や態度が向けられる先を表す、形容詞の表す状態がなり立つの基準や志向対象(しこうたいしょう)などを表す、動作の目的を表す、時を表す、動詞を受身文にしたときの動詞の主体を表す、動詞を使役文にしたときの、動詞の主体を表す。 最後は書き手としてこの研究の成果が日本語教育現場に多少なりとも役に立てばと思っている。 キーワーク:桃太郎、格助詞に、分析

Metrics

  • 191 views
  • 652 downloads

Journal

Jurnal Fakultas Sastra Universitas Sam Ratulangi

Jurnal Fakultas Sastra Universitas Sam Ratulangi merupakan kumpulan artikel yang berisi hasil pen... see more